拡大する水宅配市場に参入し始めた企業たち

近年、水宅配をガス会社が宅配するケースが増えています。
ガス会社とウォーターサーバーとは、一見関連性が薄いと思われるかもしれませんが、
これにはれっきとした理由があるのです。

 

先ず第一に、ガス会社は、プロパンガスなどを一般家庭に届けて、交換もしています。
このことから、一般家庭と販売員が顔なじみになるケースが多いために、水宅配のも
提供しやすいといったことが挙げられます。

 

また、プロパンガスなどのガスボンベも、ウォーターサーバーの水タンクも、
どちらも重いものですから、販売員が運び慣れていて、運搬するコツを熟知しているということも
理由の一つに挙げられます。
更に、ガスの消費量は、一般的に夏場は一年の内で最も落ち込む時期ですが、
その一方で、水の消費量は、最も増える時期です。
そのため、ガスの宅配が少なくなる夏場の時期に、水の宅配をすることは、
販売員の仕事量を年間を通じて維持することにも役立っているということも、理由の一つです。

 

水宅配のボトルの概要

水宅配はサーバーという機械の上にウォーターボトルが設置されています。
ウォーターボトルとは結構な大きさがあり、何十リットルもの水を入れる容量があるのです。
プラスチックの素材でできているのですが、ペットボトルなどに比べてかなり丈夫にできています。
そして少し段のようなでこぼこがついており、青い半透明のもが多いのも特徴です。

 

また、ほこりがこのボトルの中に入ることはありませんし、菌が入り込こともありません。水の出る部分を下に向けて
設置しますので入りようがないのです。毎日使うものなので清潔なものを使うためにも事前に契約候補の
会社のサイトをしっかり見てきちんと清潔なボトルを使っているか調べて水宅配を始めましょう。
最初にウォーターサーバーを購入してウォーターボトルを設置してもらったときには満タンまで入っています。
これは自分でウォーターサーバーに設置するのは重たいこともあり、かなり大変なのですが宅配の方がサーバーに
設置してくれますので安心です。
直射日光などがボトルに当たって反射するときには専用のカバーをつけて反射しなようにすることもできます。